curl コマンド「通信をする」 ~ Becomブログ

curl コマンド「通信をする」


curl

コマンドラインから http プロトコルを使って通信をしたい場合は curl コマンドを使って 通信をするのが定番だ。自分がよく使う curl コマンドの例をまとめた。

共通

curl が使える状態か確認

which curl

バージョン確認

curl --version

GET リクエスト

オプションの値を url のあとに改行を加えてつけるほうが好み

yahoo japan サイトのトップページを取得の例 ヘッダー情報のみ表示

curl 'https://www.yahoo.co.jp/' \
--head \
--request GET

ボディー情報のみ表示

curl 'https://www.yahoo.co.jp/' \
--request GET

ヘッダーとボティー両方を含んで細かく表示

curl 'https://www.yahoo.co.jp/' \
--verbose \
--request GET

google books api をつかって FlowersforAlgernon という書籍を検索

curl 'https://www.googleapis.com/books/v1/volumes?q=FlowersforAlgernon' \
--verbose \
--request GET

クエリパラメータの指定の仕方を変更

curl 'https://www.googleapis.com/books/v1/volumes' \
--verbose \
--get \
--data-urlencode "q=FlowersforAlgernon"

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーより

お知らせ

2021年8月より通販をはじめました。

いまのところは「美+ぷろていん」のみですが、順調にいけば品揃えも増やしてゆきたいと思います。


商品詳細、購入はこちらのサイト: Be-sales https://be-sales.becom.co.jp/