chmod コマンド「パーミッション」

chmod

パーミッションを変更する場合のコマンドといえば chmod ですが、こちらのコマンドたまにしか使わず、いまいち覚えにくいのでありがちな組み合わせを残しておく

共通

chmod が使える状態か確認

which chmod

バージョン確認

chmod --version

前提知識

  • 所有権
    • owner: ファイル/ディレクトリの所有者、本人のこと
    • group: 同じサーバーを利用できるユーザ全体
    • other: その他全て、第三者のこと
  • 実行権
    • ファイル
      • r: 指定したファイルの内容を表示する
      • w: ファイルの上書き、削除
      • x: 実行ファイルの実行(スクリプトなど)
    • ディレクトリ
      • r: リストの表示可能
      • w: ディレクトリに新規ファイル作成可能
      • x: カレントディレクトリにすることができる
  • 数字と記号
    • 4: r (readable) 読むことができる
    • 2: w (writable) 書くことができる
    • 1: x (executable) 実行することができる
    • 0: - () なにもできない

chmod をつかってパーミッション変更する場合数字で指定の場合とアルファベットと2つあるがアルファベット指定の例を書いておく

owner だけが sample.txt ファイルの読み書き実行できるようにする

chmod u=rwx,g=,o= sample.txt

group だけが sample.txt ファイルの読み書き実行できるようにする

chmod u=,g=rwx,o= sample.txt

other だけが sample.txt ファイルの読み書き実行できるようにする

chmod u=,g=,o=rwx sample.txt

すべての所有権に対して sample.txt ファイルの読みができるようにする

chmod a=r sample.txt

コメント

スポンサーより

お知らせ

2021年8月より通販をはじめました。

いまのところは「美+ぷろていん」のみですが、順調にいけば品揃えも増やしてゆきたいと思います。


商品詳細、購入はこちらのサイト: Be-sales https://be-sales.becom.co.jp/

このブログの人気の投稿

これからの女性向けコミュニティーのあり方

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #2」

[Docker 初心者向け] Docker を活用して開発環境を整えよう (第4回)