歌を楽しむなら邦楽、音を楽しむなら洋楽

歌を楽しむなら邦楽、音を楽しむなら洋楽。
日本人はこれに尽きると思います。
歌ってのは歌詞がまず大事、日本語の意味だけでなくこの言葉の響きも含めて歌ですよね。

音色やメロディーラインなら圧倒的に洋楽、音っていうのは意味なんかよりもっと五感に直接響いてくるものなので、言葉なんて関係なく普遍的です。
歌や楽器の演奏をやって来た人なら経験のなかで知っていることですが、まずもって音色が悪いと音程以前に聴いている人に響かないですね。
そういうことで音程以前のチューニングというのが大事です。
ボーカルなら声質、打楽器なら叩いた時の空気の震え方、カスタネットはどうするんだという屁理屈がありそうですが、そんなものは叩いた時のフィーリングで響きのいいカスタネットを選ぶのが音程以前のチューニングって事ですね。

コメント

このブログの人気の投稿

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #2」

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #4」

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #3」