スポンサー活動報告「PyCon Kyushu in Okinawa 2019」

沖縄でPyConKyushuイベントに参加しました。

2019/05/18(土)沖縄の琉球大学にてPyCon Kyushu 2019 Okinawaが開催されました。
イベント内容の詳細については下記イベント募集ページ参考
https://pycon-kyushu.connpass.com/event/120758/
今回のイベントは実行スタッフのほとんどが琉球大学の生徒を中心におよそ半年ほどの準備期間を経て開催にいたり、イベント参加者総数(スポンサー招待枠など含み)およそ160人ほどになりほぼ当初の予定通りの動員数となり、大成功となりました。

琉球大学


メイン会場

サブ会場

PyConKyushuとの関わり

今回のPyConイベントにおいてBecom株式会社としてはシルバースポンサーとして協賛をしています。前回の2018福岡から少額ながら協賛を行なっております。

沖縄で開催するまでの経緯

もともとPyConKyushuイベントというのは本家のPyConJP2017イベントにBecom代表の日下部が参加した際、イベント懇親会において九州地区の参加者たちと意気投合し、九州地区に特化したPyConイベントを開催してみてはどうかという話から始まりました。その際にイベント開催にむけての協力者の1人沖縄のちゅらデータ代表、真嘉比さんとの約束の元、構想から2年の月日を経てイベント開催が実現する運びとなりました。

現地スタッフに感謝

今回のイベントにおいての功労者といえば実行委員長という大変な役回りを引き受けていただいた多和田さんに感謝です。彼と私が知り合った時はまだ大学生で現在はちゅらデータでつとめている将来有望な若手エンジニアです。この若さで関係者含め200人規模のイベントの切り盛りをするのは大変はストレスだったと思いますが、見事イベント終了まで弱音を吐くことなく任務を完了しました。おつかれさまでした。そしてもう1人、今回の沖縄イベントを開催するにあったって重要なパイプ役となった鈴木さん(株式会HugkunData代表)です。大変な役回りありがとうございました。

新しい試み

実は今回、イベント会場沖縄と福岡を動画で中継するという「PyCon Kyushu 2019 Okinawa 福岡サテライト」という実験的な試みをやっていました。
途中で動画配信が止まってしまったりと細かなアクシデントはありましたが、今後イベント生中継のあり方において様々な課題解決の貴重なヒントを沢山得られました。
こちらのサテライト企画においてもBecom株式会社として人員的な協賛をしました。イベント生中継についての運営方法のヒントについては後日またまとめをしたいと思っています。

近日の活動予定

  • 近日中に次回2020年のPyConKyushuの開催地が発表されると思います!
琉球大学の中には森がある!

キーノートはNOBDATA代表、大城さん、お客さん満員

こんな感じの告知ポスター

クロージングまでみんな残ってくれた!

参考リンク





コメント

このブログの人気の投稿

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #2」

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #4」

スポンサー活動報告「CorneliusCockBlue(s) #3」